FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
生存保険の代表的なものに、「こども保険」と「貯蓄保険」があります。
生存保険の代表的なものに、「こども保険」と「貯蓄保険」があります。
こども保険は、親の死亡保険と子供の生存保険を組み合わせた生命保険商品です。
貯蓄保険は、5年とか7年の短期間の保障を行う貯蓄目的の生命保険商品です。
どちらも満期まで生存した場合に、満期保険金が支払われます。

こども保険の場合、親が契約途中で死亡または一定の障害になったとき、それ以降の保険料が免除されたり、満期までの養育年金が支払われます。子供が18歳になる頃を満期に設定すると、満期保険金を子供の学資に当てる事もできます。

貯蓄保険は病気などで死亡した場合の保障金額が少ないため、医師の診断がなくても生命保険に加入する事も出来るのが特徴です。
スポンサーサイト

テーマ:生命保険・損害保険 - ジャンル:ファイナンス

【 2007/04/10 20:42 】

| 生存保険とは | コメント(0) | トラックバック(0) |
生命保険の生存保険の仕組みは
生命保険の生存保険の仕組みは。

生命保険のなかの保険商品で生存保険と言うものがあります。
生存保険は、保険期間満了日まで被保険者が生存していた場合に、保険金が支払われる生命保険です。

もし被保険者が契約の途中で死亡した場合は、それまで支払った保険料は掛け捨てになります。

生命保険の生存保険そのものには死亡保障はついていませんが、生命保険会社は保険料が掛け捨てにならないように、保険料と同程度ぐらいの死亡給付金を付けるなどして、実際は保険商品を販売しています。

生存保険の商品として「子供保険」もあります。

テーマ:生命保険・損害保険 - ジャンル:ファイナンス

【 2007/04/09 22:40 】

| 生存保険とは | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。