FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
最近病気になっていても、生命保険に加入することができる保険商品が増えています
最近病気になっていても、生命保険に加入することができる保険商品が増えています。例えば、50歳から80歳までの人なら、病気治療中でも生命保険に加入できる商品(終身保険)があります。
この生命保険に加入してから2年以内に死亡すると、今までに支払った保険料が戻る程度ですが、それ以上長生きすれば契約した保険金額が支払われます。このような病気治療中でも加入できる生命保険は、これからも増えていくと思います。
しかし気をつけなければいけないのは、この保険は病気にかかっている人が加入する、病人専用の保険だと言う事です。病気にかかっている人は、今まで生命保険に加入する事は難しかったので、この保険の登場は
歓迎されました。その分保険料が割り高になっているので、健康な人は加入しないのが得策だと思います。
スポンサーサイト

テーマ:生命保険・損害保険 - ジャンル:ファイナンス

【 2007/02/28 23:06 】

| 生命保険とは |
無選択型保険の場合は、誰でも加入できる反面、保険金、給付金の支払いは厳しい条件がついていることをお忘れなく
無選択型保険は誰でも入れますと言う事を売りにして登場してきましたが、どれほどのメリットがあるのか考えて見ましょう。
通常生命保険に加入する時は、医師の診察か、本人よる告知が必要です。しかしこの無選択型保険はどちらも不要です。つまり過去に病気をした事のある人や、健康に不安がある人でもほぼ無条件に加入する事が出きます。しかし簡単に加入する事ができる反面、終身保険は契約してから2年以内の死亡の場合は、支払った保険料程度しか支給されません。逆に長生きしても支払った保険料に見合う保険金が受け取れるかも、よく分かりません。
無選択型の医療保険も加入後入院しても、90日間は保障されません。契約前から発病している病気に関しては2年間も保障はありません。しかも保険料は高めになっています。
無選択型保険の場合は、誰でも加入できる反面、保険金、給付金の支払いは厳しい条件がついていることをお忘れなく。

テーマ:生命保険・損害保険 - ジャンル:ファイナンス

【 2007/02/26 14:11 】

| 生命保険とは |
最近生命保険の記事で「転換」と言う言葉がよく出てきます
最近生命保険の記事で「転換」と言う言葉がよく出てきます。
転換とは現在加入している生命保険を下取りに出して、新たに保険に加入しなおす事を言います。下取りされた金額は、新しい保険の一部にまわされますので、その分、新規に加入するより保険料は安くなります。
もう少し説明を加えると、生命保険を解約する時は、責任準備金から解約控除が差し引かれて、解約返戻金が支給されます。「転換」の場合は解約控除は差し引かれず、責任準備金に配当金も加算されたものが、下取り価格になります。解約して新規に加入し直すより、転換後の方が保険に当てられる金額が多くなります。

転換には次の3種類があります。
基本転換・・・転換価格を転換後の主契約にあてる。
比例転換・・・主契約と定期保険特約などに比例して充当する。
定特転換・・・特約部分にのみあてます。

テーマ:生命保険・損害保険 - ジャンル:ファイナンス

【 2007/02/25 22:00 】

| 生命保険見直し |
医療保障の適正額を知る事も生命保険に加入する時の大事な要素です
生命保険に加入する時、医療保障の適正額を知る事も生命保険に加入する時の大事な要素です。なぜならほとんどの生命保険加入者が、生命保険を契約する時には、医療特約などの医療保障を一緒に付けているからです。(医療保障とは、加入者が病院に入院した時に、医療保障を日額いくらにするかを契約時に定める事)
入院給付金は多ければより安心ですが、その分保険料も高くなりますので、目安としてサラリーマンの場合は、5000円/1日、自営業者なら7000円/1日を目安として考えてみては、いかがでしょうか。

生命保険の医療保障は入院しないで、通院しただけでは入院給付金を受け取れないのがほとんどなので、生命保険による医療保障はあまり高額にしない方が良いでしょう。

テーマ:生命保険・損害保険 - ジャンル:ファイナンス

【 2007/02/25 16:56 】

| 生命保険とは |
生命保険に加入する時、死亡保障はどれくらいが適当なのか
生命保険に加入する時に決める死亡保障は、どれくらいが適当なのか考えてみましょう。
あくまでも一般的な数字ですが、サラリーマンで持ち家の場合は約3000万、持ち家でない場合は、4000万円程度を最低確保したい死亡保障額の目安にしましょう。
自営業の方は、遺族年金がサラリーマンの人より支給が少ないので、1000万円ほど上乗せして加入する事が望ましいです。

この死亡保障額はあくまでも目安ですので、あなたの現在のライフスタイル、例えばこどもの人数、子供の成長、妻が仕事をしているかどうか、現在のあなたの収入と今後の収入予定など検討する項目は沢山あります。

生命保険は20年、30年と長期わたる買い物です。途中予期せぬ事が起こるか、ライフスタイルが大きく変わるかもしれません。
生命保険を契約する前に、途中で加入予定の生命保険が見直し出来るかどうかもぜひ確認して下さい。

テーマ:生命保険・損害保険 - ジャンル:ファイナンス

【 2007/02/25 11:25 】

| 生命保険とは |
中高年に限定告知型の医療保険の加入が最近増加しています
中高年にターゲットを絞ったシニア保険で、限定告知型の医療保険の加入が最近増加しています。
限定告知型を説明しますと、生命保険に加入する時は通常、医師などによって健康診断などで、加入者の健康状態をチェックします。また医療保険の場合は告知書という書類で健康状態を自己申告します。中高年になってこのような申告が必要な生命保険の加入には難しい人も出てきます。このような人を対象に健康状態を一切問わない無選択型の生命保険が登場しました。しかし保険料は、健康状態を一切問わない為割高となりました。
そこで登場したのが、限定告知型の生命保険です。告知内容を従来のものより緩やかにして、生命保険料も従来のものと、無選択型の中間に位置づけた保険と言えるでしょう。

テーマ:生命保険・損害保険 - ジャンル:ファイナンス

【 2007/02/24 15:26 】

| 生命保険とは |
生命保険の見直しは必要補償額をチェックすることから
生命保険の見直しはライフスタイルが変わったら考えましょうと今まで何度も述べてきました。でもただ闇雲に生命保険を見直すわけではありません。
今加入している生命保険を見直すことを決めたら、まず最初にすべき事は、加入している生命保険会社に連絡して、現在自分が加入している生命保険が変更可能かどうかを確かめて下さい。変更が可能なら、自分たちのライフスタイルを考えて、補償額の必要補償額を確認しましょう。そして見直して近づけたい生命保険のカタログを複数取り寄せて、比較検討してみます。見直し後のイメージが出来たら、生命保険見直しの手続きをはじめます。生命保険会社にいろいろシュミレーションしてもらって、家計に無理のないプランを選択するようにしてください。

もし今加入している生命保険を見直しても、納得できるような保障が得られなかったり、保険料が高くなりすぎると感じたら、別の保険を追加するとか、今加入している生命保険を解約して、新しく別の保険に加入し直すことも検討してください。

テーマ:生命保険・損害保険 - ジャンル:ファイナンス

【 2007/02/24 10:44 】

| 生命保険見直し |
自営業とサラリーマンの公的保障の違いは
自営業とサラリーマンの公的保障の違いを知る事も、生命保険を知る第一歩です。
生計を支える夫が死亡したときは、残された遺族には遺族年金が支給されます。支給される額は、夫が加入していた年金の種類によって、支給額が違ってきます。死亡した夫が自営業で国民年金に加入していて、18歳未満の子供がいれば、残された家族には、遺族基礎年金が支給されます。
死亡した夫が公務員や会社員で同じように子供がいる場合は、共済年金や厚生年金に加入していれば遺族基礎年金とは別に遺族共済年金か遺族厚生年金がプラスして支給されます。
自営業とサラリーマンとでは公的保障は、サラリーマンのほうが有利になっていて、年間では数10万円も違ってくることもある。
自営業の妻で、子供がいなかったり、いても18歳以上の場合は、遺族基礎年金は支給されません。
サラリーマンの妻は、子供がいなくても遺族厚生年金が生涯支給されます。

テーマ:生命保険・損害保険 - ジャンル:ファイナンス

【 2007/02/23 23:13 】

| 生命保険とは |
生命保険で、老後の生活費を準備したい 1
生命保険で、老後の生活費を準備したいなら、何がいいかを今回は取り上げます。
老後の生活保障のために生命保険に加入したいなら、個人年金保険というのがあります。個人年金保険は生存保険の中では、代表的なものです。支払った保険料のほとんどが積み立てに回されるので、とても貯蓄性の高い生命保険といえます。
しかし最近の低金利が影響してか、個人年金保険の貯蓄性が薄らいでいます。その為定額型の個人年金では金融商品としての魅力はなくなってきています。
現状では支払った保険料を取り戻せる事は不可能でしょう。
保障期間を超えて長生きすれば、払った保険料ともらえる年金が逆転する事もあります。

テーマ:生命保険・損害保険 - ジャンル:ファイナンス

【 2007/02/23 11:13 】

| 個人年金保険 |
無選択型保険について
今回は無選択型保険についてです。
無選択型保険には終身保険と医療保険の2種類があります。
加入するのはとても簡単で「誰でも入れます」を売りにしてる生命保険です。過去に病歴があっても、また健康に自信がなくても加入できます。
普通は、生命保険に加入する時医師の健康診断を受けるか、本人による告知が必要ですが、この保険の特徴はどちらも不要です。

誰でも加入できると言う事は、保障内容はそれなりにシビアになっています。一般の生命保険に入れない高齢者が、お葬式代かわりにと加入する人がいますが、長生きして10年も20年も保険料を支払うなら、支払った保険料に見合う保険金を受け取れるかどうかは、分かりませんので、よくよく資料を取り寄せて、比較検討が必要です。

テーマ:生命保険・損害保険 - ジャンル:ファイナンス

【 2007/02/22 23:05 】

| 生命保険とは |
団塊の世代向け生命保険が増えている
医療保険は過去3年間で、新しく出た生命保険の中で、最も多く出た保険の一つです。
メタボリックシンドロームが言われるようになって、医療保険に更なる保障を求める傾向が増えてきました。
割安で、シンプルな終身型医療保険は一般に定着したようであり、さらに日帰り入院や、1泊2日の入院も当たり前のように保障しています。
最近の傾向として、終身型が増えているだけではなく、3大疾病、ストレス性疾患、移植医療に備えるなど各生命保険会社は、独自色を出した新商品を開発しています。
団塊世代の大量定年が今年から始まる事もあり、限定告知型の医療保険や、高齢者を狙った無選択型医療保険も増えています。

テーマ:生命保険・損害保険 - ジャンル:ファイナンス

【 2007/02/22 22:40 】

| 医療保険 |
同じ生命保険会社の保険商品なのに通信販売と対面販売ではなぜ保険料が違うのか
同じ生命保険会社の保険商品なのに通信販売と対面販売ではなぜ保険料が違うのかを考えて見ましょう。
まず私たちから徴収されている生命保険の保険料は、保障の部分と経費の部分の保険料から成り立っています。
保障の保険料は、統計的な数字から算出されていますので、これを値引きすると言うのはちょっと難しいです。
ではどこからコストを落とすかと言うと、ずばり経費の部分からです。
従来生命保険などは、外交員などによって、人海戦術で集めていました。当然人件費などがかさみます。でも最近では、通販やインターネットなどの普及から商品をこのようなシステムから購入することに抵抗を感じなくなった人が増えました。
生命保険会社このように人件費を浮かせたぶん、生命保険商品から保険料を引いて販売しています。

テーマ:生命保険・損害保険 - ジャンル:ファイナンス

【 2007/02/18 18:48 】

| 生命保険会社 |
終身年金保険について説明します
終身年金保険について説明します。
終身保険は死亡したときに受け取れる保険金額は一定ですが、終身年金保険は、長生きすればもらえる年金額が増えていく仕組みです。
終身保険の終身とは、一生涯の保障で、生きている限り年金がもらえると言う事です。
最近生命保険会社から販売されている、終身年金には年金の受けとりが開始してから10年間あるいは、15年間など一定期間の保障がほとんどの保険商品についています。
この保障期間に被保険者に万が一の事があっても、残された家族に対して残りの期間分の年金が支払われます。

テーマ:生命保険・損害保険 - ジャンル:ファイナンス

【 2007/02/18 13:46 】

| 生命保険とは |
生命保険死亡保障の見直しについて
生命保険はライフスタイルが変わったら見直しが必要です。
特に結婚直後はぜひ見直しをお勧めします。
今回は死亡保障の見直しについてお話します。
独身時代に加入した生命保険の死亡保障は、おそらく葬儀代程度だと思いますので、結婚後は子供も生まれたりして家族も増えますので、万が一の時残された家族が困る事がない様十分な死亡保障を付けましょう。死亡保障にはいろいろ種類があります。それぞれ特徴がありますので、自分のライフスタイル、家族構成、収入、支出のバランスを考えて見直しましょう。分からない時は、加入している生命保険会社に相談する事も必要でしょう。

テーマ:生命保険・損害保険 - ジャンル:ファイナンス

【 2007/02/17 21:16 】

| 生命保険見直し |
生命保険会社はどのように運営されているのか
生命保険会社が、集めた保険金をどのように運営、運用しているのか簡単に説明しましょう。
生命保険会社は、生命保険加入者から保険料を徴収して、それを生命保険として、運営しています。加入者から預かった保険金は、将来の支払いのために積み立てたり、企業融資したり、有価証券に投資したりして、運用されてます。また保険料の一部は、生命保険会社の経費などに使用されます。
生命保険会社は、被保険者が保険支払いの対象になったら、預かっている保険料の中から保険金を支払います。
生命保険会社は、「予定率」と呼ばれるもので、保険料が計算されていています。、保険金や、給付金が不足しないようあらかじめ予測して、計算がなされているのです。

テーマ:生命保険・損害保険 - ジャンル:ファイナンス

【 2007/02/16 11:40 】

| 生命保険とは |
死亡保障を見直す方法について考えて見ましょう
生命保険見直しの中で、死亡保障を見直す方法について考えて見ましょう。
死亡保障を見直す方法は。
@ 死亡保障額を減らす「中途減額」、死亡保障額を増やす「中途増額」があります。

@ 現在加入している保険を下取りさせて、新しい生命保険に加入する、「転換」という方法もあります。

@ 現在加入している生命保険を解約して、新規に生命保険に加入すると言う方法もあります。

以上大まかですが、死亡保障を見直す方法につて述べました、上記のことは死亡保障のみでなく生命保険共通の見直しに当てはまると思います。

現在加入している生命保険を解約して、生命保険を見直す方法は、新たに生命保険会社を選んで、今のライフスタイルにあった生命保険が選べると言うメリットもあります。

テーマ:生命保険・損害保険 - ジャンル:ファイナンス

【 2007/02/14 12:32 】

| 生命保険見直し |
生命保険の見直しはどうすればいいの?
生命保険見直しは、よく聞くけどなぜ必要なのか、イマイチよく分からないですよね。生命保険見直しは、よくこのようにたとえられます。
持っている服が、痩せたり、逆に太ったりしたら着られなくなりますよね。それと同じように生命保険も、結婚、出産、退職などライフスタイルは常に変化します。それにあわせてすでに加入している生命保険の補償額を必要にあわせて増減する事をいいます。

生命保険見直しはライフスタイルに変化があった時には、ぜひ一度は目をとうして、分からなければ保険会社か、FP(ファイナンシャルプランナー)といわれる人に相談する事をお勧めします。最近は無料の相談コーナーを設けている会社もあります。

生命保険見直しをする事によって無駄な保険料が抑えられたり、万が一の時の保証も安心して受けられます。

テーマ:生命保険・損害保険 - ジャンル:ファイナンス

【 2007/02/13 18:04 】

| 生命保険見直し |
大同生命保険料見直し、定期保険値下げへ
各生命保険会社の見直しがある中、大同生命保険も保険料見直し・定期保険値下げへと動いた。
7日、大同生命保険は、保険料算出の基礎となる「標準死亡率」の改定に合わせて、4月2日から保険料を見直すと発表しました。大同生命保険は、平均寿命が伸びていることを反映して、主力の定期保険は値下げするが、亡くなるまで年金を払い続ける終身年金などは逆に値上げするとしている。
仮に、40歳の男性が、解約返戻金のない定期保険(10年満期)に保険金額3000万円で加入した場合は、月額保険料は現行の9660円から9000円に下がる。女性なら現行7200円が6510円に下がる。

テーマ:生命保険・損害保険 - ジャンル:ファイナンス

【 2007/02/12 20:59 】

| 生命保険会社 |
生命保険にはいろいろと特約と言うものがあります
生命保険にはいろいろと特約と言うものがあります。
特約は保証範囲を広げる為のもので、入院や手術の時に支払われる給付金や、がん、急性心筋梗塞、脳卒中になった時、病気やケガで所定の障害状態になった時に一時金が支払われるなどです。
特約にはいろいろありますので、自分の収入やライフスタイルに合わせて、特約を選ぶようにしてください。
特約はつければつけるほど、保険料は高くなりますので、気をつけてください。
保証はあればこしたことはありませんが、どこまで保証をつければ安心できるかをよく考えてから、特約を付けるようにしましょう。

テーマ:生命保険・損害保険 - ジャンル:ファイナンス

【 2007/02/08 18:58 】

| 生命保険とは |
生命保険の死亡保障額は、ライフスタイルが変わったら見直しましょう
生命保険の死亡保障額は、ライフスタイルが変わったら見直しましょう。例えば結婚、出産、子供の独立、定年などの時に生命保険見直しは必要です。
死亡保障を付ける時は、多すぎたり、少なすぎることがない様保証額を設定してください。

多すぎると、むだな保険料を支出したり、少なすぎると万が一の時残された家族が困る事もありますので。

必要な死亡保障額はいくらという決まった基準はないですが、家族の形態、収入、住宅ローンなどの条件によって、ある程度の目安は設定できますので、FP(ファイナンシャルプランナー)などに相談すると良いでしょう。

テーマ:生命保険・損害保険 - ジャンル:ファイナンス

【 2007/02/08 18:38 】

| 生命保険見直し |
生命保険をインターネットや郵便などを使って申込むケース
インターネットや郵便などを使って生命保険を申込むケースが、最近増えています。
では保険代理店などの対面販売と、インターネットなどの生命保険の通販はどう違うのか比較をして見ましょう。
二つの大きな違いは、人と接するか、しないかの違いです。
保険代理店へ行ったり、保険外交員に合ったりするのがわずらわしい人は、通販を利用した方がストレスは少なくてすむでしょう。
また通販の生命保険のほうは、保証内容がシンプルで、割安な事が多く、対面販売の方は比較的保証が複雑である事が多く、保険料は通販より割高になっている事があります。
どちらも一長一短があり、安い出費ではないので、加入する前に各生命保険会社の資料を集めて、生命保険比較を事前に済ませておく事です。

テーマ:生命保険・損害保険 - ジャンル:ファイナンス

【 2007/02/07 22:26 】

| 生命保険比較 |
確定申告で保険料控除が受けられます
確定申告の時期になりました。生命保険に加入して保険料を支払っていると、[保険料控除」が受けられて、税金が減額されることがあります。
あなたが会社員なら年末調整で、保険料控除が受けられます。
自営業やフリーの人は確定申告をする必要があります。
また求職中で年末調整が出来ない人や、保険会社から送られてくる保険料の控除証明者を提出し忘れた人なども確定申告が必要となります。
確定申告をする事によって、払いすぎた税金が戻ったり、所得税が下がる事によって次年度の住民税も安くなる事もありますので、忘れずに確定申告をしましょう。

テーマ:生命保険・損害保険 - ジャンル:ファイナンス

【 2007/02/07 21:46 】

| 生命保険相談 |
生命保険見直しは、結婚直後に
最初に生命保険に加入する時は、結構悩むと思いますが、いざ入ると契約内容を再チェックする訳でもなく、放りっぱなしではないですか?
加入した後も、時々生命保険見直しは必要です。
ではいつ生命保険見直しは必要かというと、第一回目は、結婚直後です。
生命保険は、結婚したら必ずチェックが必要です。
では、生命保険見直しのポイントをあげます。

1.まずそれぞれが独身時代に加入していた生命保険のチェックをして下さい。チェックポイントは、死亡保障、医療保障の金額と保険期間及び保険料。

2.結婚後は女性は姓が変わるので、名前の変更が必要です。独身時代に加入した生命保険は、ほとんどが受取人は自分の親になっていると思いますので、受取人の変更をします。

3.新婚時代の保険額のだいたいの目安ですので、参考にして下さい。
自分たちの現状と比較して生命保険見直しを考えてください。

死亡保障 夫 500万~1000万円
     妻 300万~400万円 

医療保険 夫・妻ともに入院日額5000円

テーマ:生命保険・損害保険 - ジャンル:ファイナンス

【 2007/02/07 12:47 】

| 生命保険見直し |
生命保険に加入したいけど、直接生命保険会社に連絡すると、あとの勧誘がいやだ
生命保険に加入したいけど、直接生命保険会社に連絡すると、あとの勧誘がいやだとか、外交員さんは、身近すぎていざとなったら断りきれないなど、あなたは今までにこのような経験はありませんか。
実はこのほかにも生命保険に加入する方法があったのです。
今最も注目を集めているのが、数社の生命保険を扱う代理店から加入する方法です。
メリットはFP(ファイナンシャルプランナー)などの保険のプロが、あなたの相談に乗ってくれて、複数の保険会社の商品から、あなたにあった保険商品を選んでくれます。
一つの窓口で複数社の生命保険比較も出来て、料金も直接保険会社とした場合と代わりませんので、ぜひ利用してみたらいかがですか。

テーマ:生命保険・損害保険 - ジャンル:ファイナンス

【 2007/02/06 11:34 】

| 生命保険会社 |
生命保険の代理店は三つに分けられる
生命保険の加入受付などを行っている保険代理店は、最近では大きく分けて三つの種類に分けられる。

1.生命保険会社が運営する「直販型」
生命保険会社が直接出資したり、運営をするパターンで、大型スーパーなどに出店しているケースなどがあります。自社商品や、系列会社の生命保険商品など詳しく教えてくれます。その会社の商品しか販売しませんので、他社の商品と比べたい時は、自分で調べる事が必要になります。

2.特定の生命保険商品を扱う「委託型」
特定の生命保険会社の商品を取り扱う保険代理店です。
業務は、保険商品の説明、契約手続き、契約更新、保険の見直しなどを中心に行います。

3.複数の生命保険会社の商品を扱う「総合型」
複数の生命保険会社の商品を取り扱い、FP(ファイナンシャルプランナー)などの専門家があなたの家庭に適した生命保険をアドバイスしてくれる。無料生命保険相談や、保険に関するセミナーをしているところもある。大きなメリットは、一ヶ所で複数の生命保険比較が出来るのが嬉しい。




テーマ:生命保険・損害保険 - ジャンル:ファイナンス

【 2007/02/06 11:20 】

| 生命保険会社 |
生命保険相談はどこで受けられるの
最近駅近くや、大型スーパーなどに店舗を開設している、複数の保険会社の商品を扱う、総合代理店が増えています。
最初から加入する生命保険商品が決まっている人は、その会社に相談すれば良いのですが、まだどんな生命保険が良いのか分からない時は、このような複数の生命保険を取り扱っている総合代理店でまず、生命保険相談を受けることをお勧めします。FP(ファイナンシャルプランナー)の方があなたの状況に合わせた生命保険をアドバイスしてくれます。
最近は、生命保険相談を無料で受け付けてくれるところもありますので、事前に電話などで確認する事も必要です。

テーマ:生命保険・損害保険 - ジャンル:ファイナンス

【 2007/02/06 10:52 】

| 生命保険相談 |
生命保険相談は以前より利用しやすくなっています
生命保険相談は以前は、保険のおばちゃんといわれる保険募集人か、保険会社と委託契約を結んだ、保険代理店などが主なところでした。

最近ではFP(ファイナンシャルプランナー)と呼ばれる人たちが無料で生命保険相談を受けるケースも増えています。無料の生命保険相談をしているFPなどは、高度な生命保険の知識なども身につけ、複数の生命保険会社の保険商品からその人のニーズに合った生命保険を選んでくれます。

生命保険会社は前までは、専門代理店が多かったですが、最近では複数の生命保険を取り扱う代理店(FPはこういう所で活躍しています。)も増えていて、生命保険相談は以前より利用しやすくなっています。

テーマ:生命保険・損害保険 - ジャンル:ファイナンス

【 2007/02/06 10:36 】

| 生命保険相談 |
生命保険見直しについて考えて見ましょう
生命保険見直しについて考えて見ましょう。
もしあなたが若い時に加入した保険は、今の生活条件と照らし合わせてみて、どうなのかを考えて見ましょう。
あなたは加入した保険を放りっぱなしにしてはいませんか。
加入した時はいいと思った保険でも、結婚、出産などで家族が増えたりしてはいませんか。
家族構成、ライフスタイルが変わると今までの保険では、もしもの時あまり役に立たなくなっている可能性もあります。
保険料は、20年、30年と払い続けるものです。保険料だって馬鹿には出来ません。
生命保険見直しは、生活環境が変わった時にはぜひチェックを入れる習慣を付けたいものです。

テーマ:生命保険・損害保険 - ジャンル:ファイナンス

【 2007/02/04 23:04 】

| 生命保険見直し | コメント(0) | トラックバック(0) |
生命保険とは
生命保険とは人間の生命や傷病にかかわる経済的損失を保証してくれる制度です。
生命保険会社は、契約により所定の条件のもと、死亡した場合などにおいて保険金を受取人に支払うことを約束するものです。
もし一家の主人が亡くなるようなことが起こった時にでも、生命保険に加入していれば、死亡給付金をうけとることができます。
このような保険商品は基本的には生命保険会社と呼ばれているところが扱っているが、その他日本郵政公社、農協、生協なども類似の生命保険商品を取り扱っています。
生命保険の保険料は、統計に基づいて年齢ごとに死亡する確率に応じた保険料を設定することで保険会社が受け取る保険料と、支払われる保険金が均衡する仕組みになっている。保険期間内の死亡する確率に応じた保険料を均した金額となるのが一般的です。

テーマ:生命保険・損害保険 - ジャンル:ファイナンス

【 2007/02/04 22:41 】

| 生命保険とは | コメント(0) | トラックバック(0) |
高齢者向けの生命保険が増えている
最近は年金制度や医療費の改正で、老後への不安が高齢者を中心に増えています。
「あなたにも入れます。」などの広告の終身保険なども出てきましたが、このような生命保険は葬式程度です。
生命保険会社は、このように高齢者を狙った無選択型医療保険や、限定告知型の医療保険商品も増しつつあります。
団塊世代の大量定年がこれから始まるので、このような生命保険の商品の発売が当分続いていくと思われます。
これからの保険業界はしばらく、高齢者と団塊世代をターゲットにした生命保険商品をマーケットに投入してくるのではないでしょうか。

テーマ:生命保険・損害保険 - ジャンル:ファイナンス

【 2007/02/04 20:25 】

| 生命保険とは | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。