スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
生命保険の特約はどれくらいが適当か
生命保険には保障を広範囲にする為に、いろいろな特約を付ける事ができます。医療保障もその一つで、特約を付けると入院や手術をした時に給付金が支払われます。
それ以外には癌、急性心筋梗塞、脳卒中などの3大疾病にかかって、所定の状態になった時や、病気やケガで所定の生涯状態になった時に、一時金が支払われる特約もあります。
あとは要介護状態になった時の備えになる特約もあります。
しかし特約をつければつけるほど保険料は上がって行きますので、保障をどの程度にするか、またどの保障を付けるかを、よく検討する事が必要です。
スポンサーサイト

テーマ:生命保険・損害保険 - ジャンル:ファイナンス

【 2007/03/31 14:44 】

| 生命保険とは | コメント(0) | トラックバック(0) |
夫婦で加入できる生命保険もあります
夫婦で加入できる生命保険もあります。
生命保険は普通単独で加入しますが、練生といって二人でも加入できる保険商品があります。夫婦で加入する連生保険には夫婦保険、夫婦年金保険、夫婦年金保険付夫婦保険の三つがあります。
連生保険の特徴は、夫婦別々に生命保険に加入するよりも保険料が、安くなる事です。

夫婦保険の基本は連生終身保険で、夫婦のどちらかが死亡した場合に、残された配偶者に死亡保険が支払われ、その後の保険料が免除されます。

夫婦年金保険は、夫婦のどちらかが生存している間は年金が受け取れる終身年金です。

夫婦年金保険付夫婦保険は、夫婦保険と夫婦年金保険を組み合わせた保険になります。

テーマ:生命保険・損害保険 - ジャンル:ファイナンス

【 2007/03/27 12:01 】

| 生命保険とは | コメント(0) | トラックバック(0) |
他人の生命保険と言うのをご存知ですか
他人の生命保険と言うのをご存知ですか?
普通、生命保険は自分の生命に対して何かしらの保障とか、保険をかけますが、生命保険では他人の生命に対しても保険をかける事が可能です。これを他人の生命の保険といいます。先ほどの自分自身にかける生命保険を自己の生命の保険と言います。
他人の生命の保険は無制限に認めているわけではありません。もしこれを安易に認めてしまうと、被保険者にたいして、保険金目当ての犯罪が増えることが予想されるからです。
他人の生命の保険では、被保険者以外が保険金受取人になる場合は、被保険者の同意が必要となります。もし同意がない保険契約は無効になります。

テーマ:生命保険・損害保険 - ジャンル:ファイナンス

【 2007/03/26 16:34 】

| 生命保険とは | コメント(0) | トラックバック(0) |
生命保険を担保として、銀行などから融資が受けられます
生命保険を担保として、銀行などから融資が受けられます。
生命保険は質権を融資を受ける際に保険契約に設定すれば、生命保険を担保として銀行等から融資を受けることが可能になります。
これは保険契約に質権が設定されるので、銀行等は債務者が死亡して返済が不能になった時でも、保険金から銀行は優先的に弁済が受けられるからです。
よく住宅やマンションを購入する時、金融機関が生命保険の三大疾病を特典に付けたり、生命保険に加入する事を条件にして銀行融資を募集しているのがよくあります。
この生命保険の担保制度は、生命保険に加入する事によって融資の機会を増やせるばかりでなく、金融機関も債務者にもしもの事があっても債務を保険金から受け取れるので、両方にとって良い制度でしょう。

テーマ:生命保険・損害保険 - ジャンル:ファイナンス

【 2007/03/26 12:44 】

| 生命保険とは | コメント(0) | トラックバック(0) |
生命保険の予定利率と逆ザヤとは
生命保険の予定利率と逆ザヤとは。
生命保険会社は集めた保険料で、資産運用を行っています。
資産運用がうまく行き、予定利率を上回る利益を生命保険会社が得る事が出来たら、生命保険加入者は予定利率の配当をもらう事ができます。
しかし資産運用には絶対と言う事はありません。特に生命保険みたいに契約が長期に渡る場合は、経済の動向が資産運用に大きく作用します。
このように生命保険会社の、実際の運用の利回りが予定利率を下回る事を逆ザヤと言っています。
もし逆ザヤ状態が起こった場合、保険加入者はその損失を負担する事はありませんが、配当金が支払われない事もあります。

この逆ザヤによる損失は、生命保険会社が負担しますので、最悪の場合生命保険会社が経営破綻する可能性もあります。

テーマ:生命保険・損害保険 - ジャンル:ファイナンス

【 2007/03/25 12:09 】

| 生命保険会社 | コメント(0) | トラックバック(0) |
生命保険の仕組みはどうなっているの
生命保険の仕組みはどうなっているの?
生命保険とは、生命保険に加入している人が亡くなった時に、契約した内容によって生命保険会社が、保険金を支払う仕組みの事です。
加入している人がもし亡くなった時、残された遺族は葬儀代や生活費、子供の養育費などたくさんのお金が必要になります。
生命保険に加入していると、このような予期せぬ事が起こっても保険金で、残された遺族の生活がある程度保障されます。

生命保険の保障内容は次の3つに分けられます。
死亡保障
生存保障
医療保障

死亡保障は、加入者が死亡した場合に残された遺族の保険金が支払われます。
生存保障は長生きした時のリスクを軽くする役目を持っています。
医療保障は、病気やケガなどの治療費や入院費を保障します。

テーマ:生命保険・損害保険 - ジャンル:ファイナンス

【 2007/03/23 22:55 】

| 生命保険とは | コメント(0) | トラックバック(0) |
生命保険金の受取人は、見直すことができます
生命保険金の受取人は、見直すことができます。

生命保険の契約期間は長期に渡る為、どうしても受取人の変更が必要になることが起きます。
ではどういうときに受取人の変更をしたらいいのでしょうか。

まず結婚などで姓が変わった時や、改姓した場合は、改姓後の氏名での記載が必要になってきます。
独身の時に加入した生命保険は、受取人はほとんどが親になっていると思いますので、お互い配偶者に受取人を変更しましょう。

離婚、再婚時も受取人の変更は確実にする必要があります。
もし受取人を変更しないで、被保険者が死亡した時は、当初の受取人の相続人が保険受取人になりますので、くれぐれも変更する事を忘れないようにしてください。

テーマ:生命保険・損害保険 - ジャンル:ファイナンス

【 2007/03/23 12:12 】

| 生命保険見直し |
生命保険は契約期間が長い為、契約の途中でも解約が出来きます。
生命保険を途中で解約した場合は、掛け捨て型の定期保険以外は、今まで支払った保険料から一定額が払い戻されます。
生命保険は契約期間が長い為、契約の途中でも解約が出来るようになっています。
生命保険会社は、満期時に支払う満期保険金や将来の保険金支払いが発生した時のために責任準備金と言うものを、預かった保険料の中から積み立てているので、途中解約があった場合でも、その中から払い戻しがされます。これを解約返戻金と呼んでいます。
支払った生命保険料は全部が積み立てに回されるのではないので、解約返戻金は、それまでの保障や生命保険会社の経費などが引かれて、支払った保険料より少ない受け取りになります。

テーマ:生命保険・損害保険 - ジャンル:ファイナンス

【 2007/03/20 23:39 】

| 生命保険とは |
告知義務違反をすると契約が解除されます
生命保険を契約する時には告知義務があることは、もうご存知だと思います。では告知義務違反をしたどうなるのかと言うと、生命保険の契約が解除されます。解除されますと、保険金が支払われなくなります。もし保険金を受け取っていたなら、その保険金は返さなければなりません。生命保険の契約において告知義務はとても重要な事なのです。過去の病歴でも、もう直ったから告知しなくてもいいだろうとは考えないで下さい。特に風邪を引いて通院している時は、絶対に保険の契約をしない方がいいでしょう。生命保険の外交員は風邪ぐらいなら特に告知する必要はないでしょうと言うと思います。ここにおおきな落とし穴があります。保険の外交員は保険の勧誘権限しかありません。保険の外交員に重要な事を話なしても、告知書に記入していなければ告知義務違反になる可能性があるのです。たかが風邪と思いますが、風邪は万病のもとなので、もし万が一の時に因果関係を証明できない事もあります。生命保険の外交員からなんと言われても、この時期の契約は避けるべきです。
こんな事たいしたことないよと言う外交員は、即刻出入り禁止にしましょう。(でもほとんどの保険外交員はこのタイプだと思います。)

テーマ:生命保険・損害保険 - ジャンル:ファイナンス

【 2007/03/18 22:08 】

| 告知義務 |
生命保険に加入する時に、告知義務があることをご存知ですか
生命保険に加入する時に、告知義務があることをご存知ですか。
生命保険加入者には、生命保険会社に対して、保険契約の締結に必要な重要事項を報告する義務があります。
もし告知義務に違反するような虚偽の報告をすると、生命保険会社は、保険金の支払いを拒否する事ができるのです。
うっかり記入ミスではあとあとすまされないことなのです。
実際に契約時の告知義務違反で、保険金が支払われないケースはあります。告知ミスに悪意がなかったとしても、生命保険会社は支払いを拒否することが出来ます。
そうならない為にも、生命保険に加入する時は、告知書には正確に記入しましょう。

テーマ:生命保険・損害保険 - ジャンル:ファイナンス

【 2007/03/17 23:20 】

| 生命保険とは |
生命保険の見直しは慎重にすべきです
生命保険の見直しは慎重にすべきです。

生命保険の外交員は、結婚したから、子供が生まれたから、子供が進学したからといって、何か事あるごとに保険の見直しを迫ってきます。
正直に言うとこういう場合の保険の見直しや転換は、生命保険会社に利益があって、加入者には利益がない場合があります。外交員の言いなりに保険の見直し、下取りを繰り返していると、いつかは保険料貧乏になってしまいます。繰り返しますが、保険の外交員は、生命保険会社と自分の利益のために、仕事をしています。決してあなたの為には仕事をしていません。こう言うふうに割り切ると、保険契約の裏側も冷静に見えてきませんか。

保険の見直しはライフスタイルが変化したら考える必要はあります。
しかし安易な見直しは、生命保険会社の餌食になります。

生命保険を見直す時は、信用のできるファイナンシャルプランナーと相談するのがいいでしょう。

最近では無料相談をしているところもありますので、一度は相談してみるのもいいのでは。

テーマ:生命保険・損害保険 - ジャンル:ファイナンス

【 2007/03/16 11:55 】

| 生命保険とは |
生命保険会社から販売されている生命保険商品はの基本型は3タイプです
生命保険会社から販売されている生命保険商品はの基本型は3タイプです

生命保険会社から販売されている生命保険商品はいろいろありますが、基本的には3タイプに分けられます。死亡保険、生存保険、生死混合保険の3つのタイプに分類できます。
生命保険会社はこの3つのタイプにそれぞれ特約を付けたり、販売するターゲットに向けてオプションを変えたりしながら、保険商品にバリエーションを持たせて販売をしています。
生命保険に加入する時は、その保険商品がどのタイプの保険商品なのかを知っていると、以前に加入した保険商品とタイプがかぶる事が未然に防げますので、知っていると保険の見直しを行う時にはとても役に立ちます。

テーマ:生命保険・損害保険 - ジャンル:ファイナンス

【 2007/03/08 10:13 】

| 生命保険とは |
生命保険は若い内に加入した方が得?
生命保険は若い内に加入した方がお得ですよと、保険の外交員から加入を勧められたとき、一度や二度は聞いた事があると思います。
では実際に生命保険は若い時に加入した方がよいのか検証してみましょう。
まず生命保険の基本ですが、生命保険の保険料は1歳年が上がれば保険料は高くなります。ですから一生涯の保障が続く保険は、例えば終身保険や個人年金保険などは、若い内に加入すれば同じ保険金額でも支払いは少なくなります。この種の生命保険は、若い時に加入すべきでしょう。
一方保険には掛け捨て型と言うのもあります。例えば定期保険のようなものです。この保険についてはいつ加入しても、保険料に有利とか不利がないので、あまり年齢は関係してきません。
自分が加入しようとしている生命保険がどのタイプなのかを知れば、安易な保険の勧誘に乗ることはなくなるでしょう。
【 2007/03/06 23:34 】

| 生命保険とは |
こどもの学資保険の準備はお済ですか
卒業式が終わると今度は入学式の季節がやって来ますね。
子供の教育費も馬鹿にならないですが、何か準備はしていますか。
入学間近になってあわてないよう前もって計画しておきましょう。
今回は生命保険を利用した教育費の準備についてです。
生命保険にこども保険と言うのがあって、契約者が死亡した場合は、その後の保険料の支払いは免除されます。祝い金や満期金は契約通りに支払いが行われますので、万が一の時でも教育費は確保する事ができます。
こども保険には二つの種類があって、それぞれ特徴がありますので、自分のライフスタイルに合わせて選びましょう。
参考までに、一つは保障性の高い保険で、契約者がほかに保険に加入してなく、または加入していても死亡保障額が少なかったりしている場合にはこの保険がお勧めです。
もう一つは、貯蓄性の高い保険で、契約者の死亡保障などが別の生命保険で十分カバー出来ているならこの保険がお勧めでしょう。

いずれに加入するにしても事前に資料などを取り寄せるようにしましょう。

テーマ:生命保険・損害保険 - ジャンル:ファイナンス

【 2007/03/01 16:40 】

| 生命保険とは |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。