スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
生命保険の加入はインターネットからでも出来ます。
生命保険の加入は、従来セールスレディーのような職場を訪問する外交員からほとんど言われるままに見積書を見て、書類にハンコを押して加入していたと思います。
ところが最近ではインターネットの普及に伴って、ネット上で加入する、通販保険がものすごい勢いで伸びています。
続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:生命保険・損害保険 - ジャンル:ファイナンス

【 2007/04/27 15:04 】

| 生命保険とは | コメント(0) | トラックバック(0) |
生命保険の見直しのポイント
生命保険の見直しのポイント。
生命保険を見直す時期はいろいろありますが、もし生命保険料の支払いが、家計を圧迫していると感じるようになったら、まず見直すことをお勧めします。必要以上の保障は、即保険料に跳ね返ってきますので、その保障内容が、現実に合ったものか、もしくは本当に必要な保障なのかを、改めて検討して、出来るだけ無駄な保険料の支払いを抑えるよう見直しましょう。
多くの人が勘違いしている事に、死亡保障を多く掛けている人がいます。死亡保険金はその人の命の値段ではありません。死亡保険金は加入者にもしもの事があったときに、残された遺族の生活の保障なのです。生命保険を見直す時は、その保障で十分なのかを、よく考えてみるといいでしょう。

テーマ:生命保険・損害保険 - ジャンル:ファイナンス

【 2007/04/17 21:02 】

| 生命保険見直し | コメント(0) | トラックバック(0) |
変額保険とは
変額保険とは簡単に説明しますと、投資信託のような金融商品の性格が強い生命保険です。
一般的な定額保険は保険金額が変動しませんが、この変額保険は定額保険とは異なり、高収益を追求します。定額保険のような安全で確実な利回りを保証していないのです。つまり生命保険契約者は、高い投資リスクを負います。
この変額保険に加入する時は、生命保険会社は保険契約者に誤解を与えないように、契約内容を説明する説明義務が課せられています。
この変額保険は、相当リスクがありますので、加入する時はよく生命保険会社の説明を聞いて、慎重に判断してください。

テーマ:生命保険・損害保険 - ジャンル:ファイナンス

【 2007/04/15 15:57 】

| 生命保険とは | コメント(0) | トラックバック(0) |
生存保険の代表的なものに、「こども保険」と「貯蓄保険」があります。
生存保険の代表的なものに、「こども保険」と「貯蓄保険」があります。
こども保険は、親の死亡保険と子供の生存保険を組み合わせた生命保険商品です。
貯蓄保険は、5年とか7年の短期間の保障を行う貯蓄目的の生命保険商品です。
どちらも満期まで生存した場合に、満期保険金が支払われます。

こども保険の場合、親が契約途中で死亡または一定の障害になったとき、それ以降の保険料が免除されたり、満期までの養育年金が支払われます。子供が18歳になる頃を満期に設定すると、満期保険金を子供の学資に当てる事もできます。

貯蓄保険は病気などで死亡した場合の保障金額が少ないため、医師の診断がなくても生命保険に加入する事も出来るのが特徴です。

テーマ:生命保険・損害保険 - ジャンル:ファイナンス

【 2007/04/10 20:42 】

| 生存保険とは | コメント(0) | トラックバック(0) |
生命保険の生存保険の仕組みは
生命保険の生存保険の仕組みは。

生命保険のなかの保険商品で生存保険と言うものがあります。
生存保険は、保険期間満了日まで被保険者が生存していた場合に、保険金が支払われる生命保険です。

もし被保険者が契約の途中で死亡した場合は、それまで支払った保険料は掛け捨てになります。

生命保険の生存保険そのものには死亡保障はついていませんが、生命保険会社は保険料が掛け捨てにならないように、保険料と同程度ぐらいの死亡給付金を付けるなどして、実際は保険商品を販売しています。

生存保険の商品として「子供保険」もあります。

テーマ:生命保険・損害保険 - ジャンル:ファイナンス

【 2007/04/09 22:40 】

| 生存保険とは | コメント(0) | トラックバック(0) |
生命保険に加入する時、掛け捨て型か積み立て型を選ぶべきか
生命保険に加入する時、「掛け捨て型」か「積み立て型」を選ぶべきか、結構迷うと思います。
生命保険の歴史は、日本では明治時代の初めに福沢諭吉がをヨーロッパから持ち込みました。その時から生命保険の商品は、養老保険のような貯蓄機能を持つ保険商品が主力でした。それが今日まで続いて来ました。この様な経緯から日本人は、保険料が掛け捨ての生命保険には強い抵抗感があったようです。
しかしバブル崩壊後、生命保険会社各社にとっては、契約者に約束した予定利率を達成できない逆ザヤ状態が続き、ここ数年経営破綻する生命保険会社出ました。
つまり将来に渡って今の生命保険会社が安泰とは言えないのです。
この様な状況で、掛け捨て型を選ぶか積み立て型を選ぶかは、判断を迷うかもしれません。生命保険は長期に渡るものですので、慎重に判断しましょう。



テーマ:生命保険・損害保険 - ジャンル:ファイナンス

【 2007/04/01 18:50 】

| 生命保険比較 | コメント(0) | トラックバック(0) |
生命保険会社に見直しをお願いしてはカモにされます
生命保険にはじめて加入する時皆さんはどうしましたか。
ほとんどの方が外交員や営業の人が持ってくる見積もりをみて、「これは今一番売れている生命保険で、保障額も大きく、その割には月々の保険料が安いこの保険がお勧めですよ。」などのセールストークに負けて、生命保険に加入しませんでしたか。
このような外交員が売り込んでくるお勧めの保険には注意が必要です。
この様な生命保険は、生命保険会社の利益が十分見込める保険商品なので、生命保険会社が外交員に販促をさせているからです。
この様な生命保険に加入していたら、見直すことも必要です。
でもただ生命保険会社に生命保険の見直しをお願いしては、またまた生命保険会社のいいカモになります。
生命保険を見直す時は信頼できるファイナンシャルプランナーに相談するか、生命保険会社数社の見積もりを取って生命保険会社と交渉をすべきでしょう。

テーマ:生命保険・損害保険 - ジャンル:ファイナンス

【 2007/04/01 18:26 】

| 生命保険見直し | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。