スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
生命保険に加入する時、死亡保障はどれくらいが適当なのか
生命保険に加入する時に決める死亡保障は、どれくらいが適当なのか考えてみましょう。
あくまでも一般的な数字ですが、サラリーマンで持ち家の場合は約3000万、持ち家でない場合は、4000万円程度を最低確保したい死亡保障額の目安にしましょう。
自営業の方は、遺族年金がサラリーマンの人より支給が少ないので、1000万円ほど上乗せして加入する事が望ましいです。

この死亡保障額はあくまでも目安ですので、あなたの現在のライフスタイル、例えばこどもの人数、子供の成長、妻が仕事をしているかどうか、現在のあなたの収入と今後の収入予定など検討する項目は沢山あります。

生命保険は20年、30年と長期わたる買い物です。途中予期せぬ事が起こるか、ライフスタイルが大きく変わるかもしれません。
生命保険を契約する前に、途中で加入予定の生命保険が見直し出来るかどうかもぜひ確認して下さい。

テーマ:生命保険・損害保険 - ジャンル:ファイナンス

【 2007/02/25 11:25 】

| 生命保険とは |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。