FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
無選択型保険の場合は、誰でも加入できる反面、保険金、給付金の支払いは厳しい条件がついていることをお忘れなく
無選択型保険は誰でも入れますと言う事を売りにして登場してきましたが、どれほどのメリットがあるのか考えて見ましょう。
通常生命保険に加入する時は、医師の診察か、本人よる告知が必要です。しかしこの無選択型保険はどちらも不要です。つまり過去に病気をした事のある人や、健康に不安がある人でもほぼ無条件に加入する事が出きます。しかし簡単に加入する事ができる反面、終身保険は契約してから2年以内の死亡の場合は、支払った保険料程度しか支給されません。逆に長生きしても支払った保険料に見合う保険金が受け取れるかも、よく分かりません。
無選択型の医療保険も加入後入院しても、90日間は保障されません。契約前から発病している病気に関しては2年間も保障はありません。しかも保険料は高めになっています。
無選択型保険の場合は、誰でも加入できる反面、保険金、給付金の支払いは厳しい条件がついていることをお忘れなく。

テーマ:生命保険・損害保険 - ジャンル:ファイナンス

【 2007/02/26 14:11 】

| 生命保険とは |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。